運命の結婚指輪と出会うために!
抑えたい3つのポイント

ある日突然、大好きな彼からとっても嬉しいプロポーズ♡

これからふたりが夫婦になるための準備が、少しずつ始まります。

「まずは家族にちゃんと紹介しなきゃ!」

「結婚式は、いつどこで挙げようかな。」

「結婚指輪も探し始めないと…」

と、結婚が決まると同時に、

具体的にいろんなことを考えていく必要がありますよね。

 

お互いの両親へのあいさつや、結婚式のこと、

といってもお互いをそっと結びつける結婚指輪のこと。

そこで今回は、大切な結婚指輪の選び方についてまとめていきます♪

誰だって「初めて」は、不安な気持ちがつきもの。

結婚が決まって、「そろそろ結婚指輪を探そうかな」と、

考えているカップルのみなさん、必見です!

 

「結婚指輪って、どの指に着けるの?」と聞かれると、

ほとんどの人は左手の薬指が一番に思い浮かぶと思います。

では、どうして結婚指輪を左手の薬指に着けるようになったのか、

そのはじまりを知っていますか?

 

これに関しては様々な説がありますが、

中でも有名なのは古代ギリシャ時代のお話です。

その昔、心臓のちょうど真ん中には、

目には見えない心や愛があると信じられていて、

その心臓へとつながる血管が

左手の薬指にあるとされていました。

そのため、人々は愛へとつながる左手の薬指に、

「永遠」を意味する途切れない円(指輪)を着けることで、

生涯変わらない愛を誓ってきたそうです

この何ともロマンチックな風習が、

時代を超えて今もなお受け継がれているのです。

とっても素敵ですよね♡

 

そんな大切な左手の薬指に着ける結婚指輪だからこそ、

デザインはもちろん、ふたりにぴったり合うものを見つけたいですよね。

みんな性格や好みが異なるように、実は手や指の形も人それぞれ。

どんな指の形には、どんな結婚指輪が似合うのか、

4つのタイプに分けて考えてみましょう。

 

A:太くて短い指タイプ

   ☞VラインやSラインなど、指輪に動きのあるものが指の形をすっきり見せる

 

B:細くて短い指タイプ

 ☞細くて華奢なVラインは、指をしゅっときれいに長く見せる

 

C:細くて長い指タイプ

 ☞まっすぐのIラインや、2つの素材を使ったコンビリングが個性的に映える

 

D:太くて長い指タイプ

 ☞ボリュームのある幅広のリングを、バランスよく着けられる

 

自分の指と結婚指輪のバランスひとつで、

不思議とその見え方も変わってくるもの

自分の指には、一体どんなデザインの結婚指輪がしっくり馴染むのか、

ぜひタイプに当てはめて、

実際にお店でいろんな指輪を試してみてくださいね♪

 

 

いざ「結婚指輪を探そう!」と、

彼とふたりで初めてのジュエリーショップへ。

お店のショーケースには、きらきら輝く指輪たちがたくさん並んでいて、

どれも素敵に感じ、違いもよく分からず、

何がいいのか迷ってしまいますよね。

よく見てみると、どの指輪もすべて2本ずつ隣どうしに置いてあり、

ペアでデザインされているのが分かります。すると…

 

「私は、華奢で動きのあるこのデザインが可愛くて好きだけど、

 彼はどう思うかな?」

「僕は、この幅広のデザインがかっこいいと思うけど、

 彼女は好みじゃないかな?」

と、結婚指輪のデザインを選ぶとき、

お互いを思いやる気持ちゆえに、

そう簡単に「これ!」と1つに絞れないですよね

 

本当に数えきれないほどのデザインがあるので、

どれがふたりにとってベストな結婚指輪なのか、

その選び方やこだわるポイントも様々。

もちろん最初から好みがぴったり合うカップルもいれば、

お互いにこだわりを持って尊重し合いたいカップルも

理想の結婚指輪を探すうえでは、

ペアで選んでも、お揃いじゃなくても、

ふたりの希望をちゃんと叶えていくことが大切なんです。

 

これから先、永く使っていく結婚指輪だからこそ、

ふたりともが着けていて心ときめくものと出会ってほしい、

そう思います。

例え、結婚指輪のデザインがお揃いじゃないとしても、

アドバンスでは、すべての指輪の内側にサービスで刻印をしており、

1文字1文字心を込めて丁寧に刻んでいきます。

なので、ふたりだけにしか分からない内側に、

ふたりの名前やお揃いの記念日を入れることで

まぎれもなく世界に1つだけの特別な結婚指輪を作っていけるのです。

 

お伝えしてきたように、

「結婚指輪は必ずしもペアじゃないといけない」

ということではなく、あくまでもふたりが、

「この先ずっと一生使っていきたい」

と思う気持ちが何よりも大切。

「それぞれが好きなものを、選んで身に着けたい」

「せっかくだから、ふたりでデザインもお揃いにしたい」

そのどちらにせよ、他にはないふたりらしさを見つけることで、

一生に一度の特別な結婚指輪ときっと出会えるはずです♪

 

 

永遠の愛を誓い合って、いつもお互いのすぐそばにある結婚指輪。

ずっと使っていく大切なものだから、

「やっぱりあっちのデザインにすればよかった…」

「もっとゆっくり時間をかけて考えたかった…」

と、後悔なんてしたくないですよね

 

ふたりともが気持ちよく、

「これだ!」という結婚指輪を探していくには、

ほんの少しでも時間に余裕を持つことがオススメ

たくさんあるジュエリーショップの中には、

もちろん既製品を取り扱っているお店もありますが、

「一生に一度の結婚指輪だから、1からオーダーメイドしてほしい」

と思うと、製作期間として均約2ケ月から2ケ月半くらいかかるもの

 

また、時間があまりないと気持ちも焦ってしまい、

入籍や前撮り・結婚式などに間に合うのか不安になったりもします。

そうした不安の芽を少しでも取り除くためにも、

結婚指輪を探し始める時期を、ちょっとだけ早めに考えてみましょう

そうすることで、気持ちに余裕ができて、

ふたりの中で結婚指輪に対するこだわりや好みも、

少しずつカタチになっていくと思います。

 

 

ここまで、

たくさんあるデザインの中から、

ふたりだけの大切な結婚指輪を見つけるために、

抑えておきたい3つのポイントについてまとめてきました。

①まずは自分の指の特徴を知って、いろんな指輪を試すこと。

②お互いが後悔しないために、ふたりらしく選ぶこと。

③時間と気持ちに、ほんの少し余裕を持つこと

そうすることで、

「今」だけではなく、「この先」もずっと、

何十年経っても、ふと幸せな気持ちを思い出させてくれる、

そんな運命の結婚指輪と出会えることでしょう。

 

アドバンスでは、おふたりのそんな結婚指輪探しが、

心から楽しいひとときになりますよう、

アドバイザーが丁寧にご案内をしていきます

また、おふたりの好みや希望を元に、

熟練の職人が1つ1つの指輪を

心を込めて1からお作りしていきます

 

運命の結婚指輪と出会うために

ふたりらしく、かけがえのない宝物を探して。

アドバンスは今日も、

たくさんの指輪と温かいおもてなしで、

幸せな時間のお手伝いをしています。